TOP

鬼嫁の包囲網を掻い潜っていく風俗は格別!そんな風俗体験談を発表です。

躊躇いなんて風俗には不要です

自分は妻も子供もいますけど、よく新宿歌舞伎町で風俗のお世話になっていますね。性欲はやはり別です。
ただし、利用するのであれば躊躇はしません。変に躊躇していると気持ちが中途半端になってしまうって風俗に通ううちに分かったんです。何となく欲求不満で風俗に行った時、やっぱり妻に申し訳ないって気持ちがよぎったんです。プレイ中も目の前にとっても可愛い風俗嬢がいるのになぜか妻が思い浮かんできたんです。でもそれでは心から風俗を楽しめないじゃないですか。それでは意味がないんですよね。そこはもっと風俗をがっつりと楽しみたいじゃないですか。だからもう躊躇するのを控えました。利用すると決めたからには罪悪感なんて持つのは無駄なんです。躊躇せずに、そして利用するからにはバレないよう心掛ける。その方が断然大切なことなんだなってことに気付かされたんですよね。
だから風俗を利用する時には、もはや何の躊躇いもありません。自分もまだまだ男として楽しみたいので、風俗は大切な場所ですよ。

彼女の白い肌は想像以上に良かった

色白な肌がとっても印象に残っているのが新宿の風俗で出会ったWちゃん。そこまで色白好きって訳ではないんですけど、ルックスに惹かれて彼女を指名してみたんですけど色白の透き通るかのような肌。そして柔らかい適度な美乳。大きすぎず小さすぎずの掌サイズのおっぱいとのバランスが最高でした。彼女のボディを思う存分堪能出来たというだけでも自分自身、最高に楽しかったんですよね。
しかもそれだけではないんです。彼女は割とハキハキとものを言うタイプの子だったので、風俗で女の子と楽しんでいるというよりも、まるで合コンというか、普通に女の子と楽しんでいるかのような雰囲気だったんです。新宿によく飲みに来てた学生時代を思い出しましたね。
風俗の時間だということさえ忘れさせてくれるような女の子との時間は、本当にあっという間に時間が過ぎてしまったなというのが正直な所でしょうか。こうしていろんな女の子と楽しめるのが新宿の風俗の良い所ですが、ここまで気分を高めてくれた女の子は久しぶりだったのもあって、満足度はマックスです。

夜の新宿で良い雰囲気を楽しめたかなと思う

夜の新宿歌舞伎町の風俗(https://fuzoku.jp/tokyo/a_2001/)で良い雰囲気を楽しめたと、本当にそう思っています。快感ももちろん素晴らしいものでしたけど、それだけではないんです。むしろ快感よりも彼女との良い雰囲気を味わえたって事の方が自分にとっては嬉しい時間を過ごせたんじゃないかなと思うんです。
その日の風俗は60分にしたんですけど、中盤から後半にかけて早い段階で発射してしまったんです。彼女のテクニックのおかげでもあるんですけど、もう一発出すかどうか迷ったんですけど、でも自分としてはそこで満足出来たので、後はまったりとお話していたんです。その雰囲気が最高だったんです。膝枕までしてもらえたので甘える雰囲気も満々。その上でいろんな形で楽しめたので、癒されたのはもちろんですけど他愛のないことを話せて、それだけで自分としても最高に満足することが出来たんじゃないかなと思いますね。
だから彼女には感謝しかありません。新宿で風俗をあそこまで楽しめたのも、すべて彼女のおかげなんですし。

まだまだ風俗の時間は始まったばかり

ここ最近、新宿の風俗でIちゃんをよく指名しています。彼女はなかなか良い風俗嬢なんじゃないかなという予感があって指名させてもらったんですけど、実際の所、まだまだ未知数というか、持論なんですが風俗はやっぱり一度だけのプレイではまだまだ分からないことも多いと思うんですよね。肌を合わせていくうちにどんどん快感が深まるって思っているタイプなので、彼女はまた次に期待したいですね。初回よりもきっと二回目の方が楽しめるんじゃないかなと。
ただ、あまり深く考えないようにはしています。風俗はあくまでも気軽に楽しみたいって気持ちがあるんです。まるで修行僧かのようにストイックに新宿で理想の風俗嬢を探し求めるのは、自分としてはそこまで好きじゃないというか、せっかく楽しい時間を過ごすものなのに、ストイックになって女の子のハードルを高めてしまうのは勿体ないんじゃないかなって思うんですよね。
そこは本当に考え方次第ですけど、自分はこれから彼女と楽しみたいなと。